新着情報

訪問介護の業種はサービス業?専門職として仕事をする上で大切なこと


訪問介護員は職種としてはどのようなカテゴリーに属しているのでしょうか。
結論から申し上げますと介護職は「サービス業」に分類されます。

 

介護職として働いている方の中には
介護はサービス業と聞いて違和感を感じられる方もいらっしゃると思います。

 

ここでは、サービス業とは何か、サービス業を提供する介護施設の種類などについてご紹介します。

 

介護職はサービス業

職業の分類は総務省の「日本標準職業分類」と厚生労働省の「職業分類」が基準となります。
日本標準産業分類、職業分類どちらでも介護職は「サービス職」に分類されています。

 

 

ービス職はさらに産業で分類されており、介護職は「医療・福祉」に属します。

 

介護職はサービス業と聞くと違和感を感じる方もいらっしゃいます。
確かに接客業務が多い宿泊業、飲食サービス業、生活関連サービス業、娯楽業などとは違うように感じるかもしれません。

 

しかし、介護職は利用者さんをサポートするれっきとしたサービス業です。

 

「日本標準産業分類」における産業の分類

日本標準産業分類では我が国における産業は以下のように分類されています。

 

・農業、林業
・漁業
・鉱業、採石業、砂利採取業
・建設業
・製造業
・電気・ガス・熱供給・水道業
・情報通信業
・運輸業、郵便業
・卸売業、小売業
・金融業、保険業
・不動産業、物品賃貸業
・学術研究、専門・技術サービス業
・宿泊業、飲食サービス業
・生活関連サービス業、娯楽業
・教育、学習支援業
・医療、福祉
・複合サービス業
・サービス業(ほかに分類されないもの)
・公務(ほかに分類されるものを除く)
・分類不能の産業

 

サービス業とは「サービスを提供し、対価を得る産業」のことを指します。

 

日本では産業は農業、林業、漁業等の「第一次産業」、鉱業、建設業、製造業等の「第二次産業」
そしてそれ以外の「第三次産業」に分かれます。

 

サービス業は第三次産業に分類されます。

 

介護事業の種類

介護事業は大きく「通所型事業」と「住居型事業」に分けることができます。
ここからさらに分類することができますので、特徴をご紹介します。

 

通所型事業

通所型施設は利用者さんが自宅に住みながら通う施設で、「デイサービス」「デイケア」などと呼ばれます。
デイサービス、デイケア共にリハビリやレクリエーション活動等を行います。

 

「デイケア」
デイケアは常勤医師の配置が定められていることから多くが医療法人や介護老人保健施設に併設されています。
サービスの提供時間は基本的に1時間ごとです。

 

「デイサービス」
デイサービスは「特養・介護付き有料老人ホーム」「住居型老人ホーム」「通所施設」などさまざまな形態があり
サービス提供時間は3~5時間と5~9時間があり、施設によっては数日間のショートステイも利用することができます。

 

住居型事業

「特別養護老人ホーム」
身体介護が必要な方が多く入所されており、要介護3以上が入居条件です。
自治体や社会福祉法人などが運営しており、比較的費用が安い公的な要素の高いサービスです。

 

「介護老人保健施設」
医療法人、社会福祉法人が運営している公的な介護保険施設です。
在宅復帰を目的とした施設という点で特養とは異なり、入居には期限がついています。

 

医師、看護師が常駐するほか、作業療法士、理学療法士などリハビリのプロも常駐しています。

 

「有料老人ホーム」
民間が運営する施設で、「介護付き有料老人ホーム」と「住宅型老人ホーム」に分けられます。
介護付き有料老人ホームは介護サービスを受けることができますが
住宅型老人ホームは必要な介護サービスは個人で外部のサービスに契約する形となります。

 

訪問介護員として働く上で大切なこと

介護サービスを提供する訪問介護員として働く上で大切なことはいくつかあります。
いつも念頭に置いて仕事をすることでより質の高いサービスを提供することができますので覚えておきましょう。

 

「介護のプロ」として求められているということを認識する

利用者さまのお宅に訪問する目的は介護サービスを提供するためです。
しかし、ついこのことを忘れてしまい
「ご利用者さまと相性が合わない」「この方とは気が合う」などと考えてしまいがちです。

 

訪問介護員は担当したご利用者さまの希望と気持ちに配慮しながら出来る限りの支援をする必要があります。
介護サービスのプロとしての意識を持ってサービスを提供することが大切です。

 

心身共に健康な状態でサービスをする

心も身体も健康な状態であることは大切です。
仕事に集中し、ご利用者さまをきちんと受け入れられるようなコンディションでいることが求められます。

 

ちょっとした気の緩み、「多分○○だろう」という憶測が大事故につながります。

 

ご利用者さまの生活や命を支えている役割であることを認識し
集中力を持って仕事ができるように健康管理をしっかりと行いましょう。

 

公私混同しない

必要以上に個人的な話をすることは避けましょう。
また、金銭や物は受け取ってはいけません。

 

断り切れずに受け取ってしまった場合は必ず事業所に報告を行いましょう。
また、ご利用者さまが物品をくださろうとした場合の対処法は社内ルールを確認の上、決まり通りに対応しましょう。

 

ご利用者さまと個人的に関わることもしてはいけません。
連絡は必ず事業所を通して行います。

 

接遇スキルを身に付ける

サービスを提供する介護の現場では挨拶、言葉遣い、傾聴、身だしなみといった接遇スキルが求められています。
訪問介護では利用者さまと信頼関係を築くこと、高齢者の方の尊厳を守ることが大切です。

 

訪問介護員のちょっとした態度で
利用者さまに不快感を与えてしまうことがありますので常に気を付けなければなりません。

 

利用者さまに安心して介護サービスを利用していただくためにも
1人ひとりの利用者さまをしっかりと見て、その方に合った対応をするようにしましょう。

 

サービス業である介護職として活躍しましょう

介護のお仕事は利用者さまに快適な時間と場所を提供するサービス業です。

 

介護職は利用者さまにどのようなサービスを提供できるか
どのようなサービスが求められているのか、について常に考え、理解を深めることで
より良い介護サービスを提供できるようになります。

新城市の働きやすい訪問介護、訪問介護本舗みらいで一緒に働きませんか。


会社名:合同会社みどりの丘(本店) / 訪問介護本舗みらい(サービス事業所)

本店住所:〒431‐3907 静岡県浜松市天竜区佐久間町川合1077‐1 (合同会社みどりの丘) 事務所住所:〒441-1354 愛知県新城市片山字西野畑548-11 グリーンフラッツ102 (訪問介護本舗みらい)

TEL:0536-29-0182 
FAX:0536-29-9334

営業時間:9:00〜18:00 定休日:不定休

対応エリア:愛知県新城市を中心としたエリア

業務内容:身体介護や生活援助

pagetop