新着情報

訪問介護の仕事でやりがいを感じる時としんどい時とは!?


介護業界への転職を考えている方の中には「訪問介護員は大変そう」というイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。

 

しかし、訪問介護は大きなやりがいを感じられる仕事でもあります。

 

この記事では、訪問介護員がやりがいを感じる時、大変だと感じる時についてご紹介します。

 

訪問介護のやりがいを感じる時

 

人の役に立っていることを実感できたとき

高齢化社会のいま、介護の仕事は社会的な意義が高い仕事です。

 

訪問介護員は、高齢になっても自宅で暮らし続けたいという利用者さんの生活をサポートするお仕事であり、専門性を活かして利用者さんやそのご家族の役に立っていると実感できたときに大きなやりがいを感じることができます。

 

利用者さん1人ひとりに寄り添ったケアができたとき

訪問介護のお仕事は利用者さん1人ひとりに寄り添ったサービスを提供しやすく、こういった点を訪問介護のお仕事のやりがいと感じている方も多くいます。

 

介護施設では1人の介護士が複数の利用者さんを担当することも多いですが、訪問介護は基本的に利用者さん1人に対して1人のヘルパーが担当します。

 

利用者さんに対して細やかな気配りができ、寄り添ったサービスができる点が訪問介護のやりがいに繋がります。

 

直接感謝の言葉をもらえたとき

介護のお仕事は利用者さんやご家族から直接感謝の言葉を頂戴することがあります。

 

「いつもありがとう」「あなたがいてくれなきゃ」という言葉を頂いた時、明日も頑張ろう!と思えてしまうものです。
訪問介護は1対1の介護サポートを行いますので、利用者さんご本人からいただける感謝の言葉は嬉しさも大きなものとなるでしょう。

 

利用者さんが待っていてくれる、と思ったとき

訪問介護員の訪問を楽しみにしている利用者さんは多いものです。

自分が訪問することを楽しみに待っていてくれて歓迎してくれるのは嬉しいですよね。

 

新しいことを学んだとき

訪問介護の仕事は業務を通じて得られる学びが多く、働きながら有意義な時間を過ごすことができます。

日常業務で新しいことができるようになったときは訪問介護員としてのレベルアップにも繋がり、やりがいを感じられることでしょう。

 

また、働きながら資格の勉強をし、初任者研修の上位資格を取って活躍の幅を広げることもできます。

 

働き方が自由で融通が利く

訪問介護は自分の都合に合わせて自由に働くことができます。
正社員やパートとしての働き方もありますが、登録ヘルパーとして働く場合、週に1時間からでも働くことが可能です。

 

子供の学校の都合で午前中しか働けない、週3日だけ働きたいなど、自分の都合に合わせて働くことができます。

 

訪問介護をしんどい・大変と感じる時

 

肉体的なきつさ

訪問介護の特有の事情によって体力面・肉体面で疲労を感じることがあるでしょう。
特に訪問介護では、身体介護や利用者さんの自宅間の移動等で肉体的なきつさを感じやすいと言われています。

 

身体介護は利用者さんの体を持ち上げたりする動作では腰を痛めたりしてしまうことがあります。

また、1日に複数の利用者さんの家を移動するため、サービス提供時間以外にも疲労が溜まってしまうことがあります。

 

1人で訪問するため責任を伴う

訪問介護は基本的に1人で利用者さんの住まいへ訪問してサービスを行います。

そのため、通所型や入所型の介護施設に比べて訪問介護員にかかる責任が大きくなる傾向にあります。

 

万が一訪問先で利用者さんの体調の変化があった時には訪問介護員が対応しなければなりません。
また、利用者さんのちょっとした変化を見逃さずに事業所に報告して適切に対応していく必要があります。

 

ただ、新人がいきなり1人で訪問するということはまずありませんのでご安心ください。

 

最初は先輩と一緒に訪問し、簡単な仕事から始め、少しずつ仕事を覚えていき、1人で訪問できるようになるまではしっかりとサポートしてもらえますので大丈夫ですよ。

 

訪問介護以外の仕事と明確な線引きが必要

訪問介護のお仕事は基本的に「介護保険適用内」で行います。
介護保険の適用外のお仕事は訪問介護員の仕事の対象外として線引きする必要があります。

 

人によっては利用者さんに頼まれたことに対してお断りするのが心苦しく感じることもあるでしょう。
しかし、後々のトラブルを避けるためにも明確な線引きが必要です。

 

介護保険適用外のお仕事は、事業所によっては「自費サービス」として受け付けている場合もあります。
この場合もあらかじめ自費サービスであることをきちんと説明し、納得していただくようにしましょう。

 

訪問介護員の仕事が大変だと思ったときの対処法

 

上司に相談する

訪問介護の仕事で悩んだときは上司や管理者、サービス提供責任者に相談しましょう。

例えば身体介護による体への負担が大きい場合、身体介護を含まない利用者さんに担当変更できるよう相談してみると良いでしょう。

 

担当している利用者さんに関する問題の場合、事業所全体で共有しておくべき情報の場合があります。

どんな細かいことでも上司にはこまめに相談し、問題を早めに解決することが大切です。

 

働き方を変える

上でもご紹介しましたが、訪問介護員は働き方の融通が利く仕事です。
体力的にきついと感じたら日数を減らしてもらうなど調節することができます。

 

自分の都合に合わせて働くことができますので、プライベートとのバランスの良い働き方をしていくと良いでしょう。

 

自分のリフレッシュ法を持っておく

お仕事の疲労感を回復するために十分な休息を取れるようにするほか、精神的な疲労の解消のために上手にリフレッシュするようにしましょう。

 

趣味を持つことも良いストレス解消法ですが、美味しいものを食べたり、音楽を聴いたり、長めに入浴するなどちょっとしたこともストレス解消となりますので、ストレスを溜めこむ前に少しずつ解消していけるよう、工夫することも大切です。

 

訪問介護員は大きなやりがいを感じられる仕事

訪問介護員は社会貢献度が高く、仕事のさまざまな場面で大きなやりがいを感じることが出来る仕事です。

 

お仕事をしていく中で、時には大変だと感じることもあるでしょう。
その対策として、早めに上司に相談したり、自分なりのリフレッシュ方法を知っておくようにしましょう。

 

新城市の働きやすい訪問介護、訪問介護本舗みらいで一緒に働きませんか。


会社名:合同会社みどりの丘(本店) / 訪問介護本舗みらい(サービス事業所)

本店住所:〒431‐3907 静岡県浜松市天竜区佐久間町川合1077‐1 (合同会社みどりの丘) 事務所住所:〒441-1354 愛知県新城市片山字西野畑548-11 グリーンフラッツ102 (訪問介護本舗みらい)

TEL:0536-29-0182 
FAX:0536-29-9334

営業時間:9:00〜18:00 定休日:不定休

対応エリア:愛知県新城市を中心としたエリア

業務内容:身体介護や生活援助

pagetop